セメント瓦撤去ガルバへの葺き替え

埼玉県白岡市:重い瓦を撤去軽いガルバへの葺き替え工事例

瓦撤去軽量ガルバへ葺き替え工事例工事前1

 築25年、セメント瓦(厚型スレート瓦)が重いので、傷んだ瓦を撤去し、軽いガルバリウム鋼板 での葺き替え工事を依頼されました。 ご相談は瓦の葺き替えで瓦と同じ耐用年数の屋根材 はあるのか?というものでした。 陶器の瓦・釉薬瓦の耐用年数は、公式には60年、これと同等 な製品で軽量なものは、現在自然石粒付鋼板(ジンカリウム鋼板)しかないです。 ケミュー社の新素材を使ったルーガもありますが、耐用年数には言及していません。 促進耐候試験上で30年相当時に色褪せがないという結果を言っているだけです。 実績、屋根屋 の話でもどのくらい持つのか?懐疑的な意見が多くあります。良く判らないというのが大方の 意見ではあります。 今後のケミュー社の言い分を見る必要があると思います。 何か新しい 事実があれば、このサイトに掲載したいと思います。



瓦撤去軽量ガルバへ葺き替え工事例工事前2

セメント瓦の耐用年数は、かつての物は20年でしたが、今の製品は良くなっています。25年で色は褪せ、棟部分の漆喰? 固定材も劣化していますが屋根材としての機能はまだ充分です。しかし撤去するときにも分かったのですが、「重い!」 この重さできちんと家の躯体が設計されていれば、かなり頑丈に設計されているのではないでしょうか?



瓦の話から始まり、結局価格の問題などで、ガルバリウム鋼板への葺き替えに決まったのです。 採用したのは、ニチハ社の横暖ルーフ/きわみ。屋根葺き替えのリフォームでは、実績もあり価格も 手頃な横暖ルーフ/きわみの採用でした。 



瓦撤去軽量ガルバへ葺き替え工事例工事前3

 軒先部分と軒天井、破風の部分です。



瓦撤去 ガルバへ葺き替え工事例 工事後1

ニチハ、横暖ルーフ/きわみ(断熱材付き;12mm)の施工完成の写真です。 左:大棟から下り棟を撮ったところ 右:同じく下り棟(北側)の葺き替え完成写真です。



瓦撤去 ガルバへ葺き替え工事例 工事後2

光の関係で少し薄グリーンのように写っていますが、屋根材の色は、ブラックになります。デジカメで黒々を撮るのは、結構難しいです。



瓦撤去 ガルバへ葺き替え工事例 工事後3

この屋根屋さんは、かなり優秀、且つ価格が凄い安いです。大丈夫?というほどに低価格です。 部品のひとつひとつは、ほぼ相場ですが、この複雑な屋根で、標準に近い価格で施工ができてい ます施工の工数は、切妻型のほぼ倍の時間がかかっていますが、価格を吊り上げていません。  職人さんの日当が少し厳しいという感じはありますが、頑張ってくれました。 華まるです。 仕事も 丁寧で時間がかかりましたが、相見積の他社2社は、結構価格は高いは、厄介な屋根の形状に、 ちょっと引き気味でした。 お客様は良い選択をされたと思っています。 



ガルバリウム鋼板の施工費用・雨樋施工費用

瓦撤去 ガルバへ葺き替え費用価格

下地部分補修と言うのは、玄関部bんの下屋が、雨漏りで下地材がすでに柔らかくなっていましたので、その部分だけ コンパネの張替えをやったものです、約2平米。写真でも判りますが、屋根の形状が少し複雑で、ガルバの材料は、170平米 分程度は、使っていると思われますが、その分の費用は計上されていませんでした。良心的な屋根屋さんです。 ガルバリウム鋼板の施工価格も相場、板金、その他の施工費用もほぼ相場と思います。良い価格と思います。 埼玉県での瓦撤去+ガルバリウム鋼板の施工の話がきましたら、この屋根屋さんを是非ご紹介いたします。



サブコンテンツ
               ● 屋根葺き替えお助け隊 トップページへ

  24時間受け付けの相談・依頼のメールへ

  屋根葺き替えの相談・依頼の広告画像

  屋根葺き替えの相談・依頼の広告画像

このページの先頭へ